読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天童温泉に行ってきました

雑記

 

天童温泉に行ってきた! ということで思い出の備忘録です。

 

1.発端

発端は『ハイキュー!!』の天童覚くんです。

天童くんがいるのは白鳥沢学園高校。そして白鳥沢学園高校の部員名は、山形県内にある温泉地の地名に因んでいます。

天童温泉に行ってみたいな~とこぼしてみたところ、有難くも友達が付き合ってくれることになりました。ヤッター!

 

2.計画

私も友達も車が運転できないので、山形までの交通手段は新幹線か夜行バスということに。

調べてみたら新幹線と宿がセットになったパックでの申し込みが一番お得という結論になりました。ちなみに私が調べた当時だとJTBがすごく充実してたかなー。

申し込んだのは1泊2日、朝夕食付。土曜の朝に東京駅発、日曜の夜に山形駅発のプランです。1人あたりだいたい2万5000円くらい。

ちなみに夜行バス(http://www.jrbustohoku.co.jp/express/detail/?RID=25#01)だと夜24時近くに新宿駅発で朝6時に山形駅に着く感じ。

早売りを利用すれば片道4000円というのは正直魅力的だったけど、体力的にキツそうだったということで新幹線になりました。

 

せっかくなのでもう一つくらい温泉に行こう、ということで、山形駅からバスの出ている蔵王温泉にも行くことに。

そして車が使えないがゆえに公共交通機関を下調べしてたら、みるみる分刻みのスケジュールが組み上がっていきました。こ、こんなはずでは…(でも楽しかった)。

とはいえ実際電車の本数とバスの運行状況は調べておいてすごく役立ったなあ。1泊2日という短い旅行だったので、移動時間にロスが出ると勿体ない感じだったし。

(電車は時間帯にもよるけど20分に1本くらい。ちなみに天童市の市営バスは日曜日と祝日は運行していないみたいです)

 

3.旅行1日目

7時12分東京駅発の新幹線(つばさ)に乗ると、天童駅まではだいたい3時間。

福島県あたりからだんたん雪景色めいてきてきた気がする。土曜の午前中ということもあって、屋根に厚く積もった分を雪下ろししている様子も新幹線から見えたり。

天童くんもご実家では雪下ろしだったり雪かきだったりに駆り出されたりするのかな~とか考えていました。もこもこに着膨れて、雪かき用の大きいスコップにもたれかかってる姿を想像したらとてもかわいかった。天童くんカワイイ。

新幹線の中では、計画していた推し本会 in 山形の話をしていた気がする。推し本会 in 山形とは、個人的ベストスリーの同人誌をそれぞれ持ち寄って、宿でお互いにプレゼン(その推し本がいかにすばらしいかを熱弁する)する計画です。相手がどんな本を選んでくるかお互いにぼんやり予想を立ててもいたので、新幹線ではそのあたりのことを話していました。私も彼女も所有している同人誌を貸し借りしているということもあって、予想はそこそこに当たっていたような。私は『ハイキュー!!』から2冊、刀剣乱舞から1冊。友達は刀剣乱舞から2冊、『名探偵コナン』から1冊。私が選んだ刀剣乱舞の本はその友達に以前借りて、すごく好きだったので自分でも購入したもの(あと友達が選んだ刀剣乱舞の本のうちの1冊も借りた後に自分でも購入してた。本当にすごくすばらしい本)。

本当は宿でお互いに選んだ本を発表する予定だったけど、これはいい予定外だったなー。元気な午前中に具体的な推し本トークができてよかったです。

推し本から相手の好みの傾向っぽいものが見えるような気もして、そこを尋ねて確かめてみると思いもがけず話が広がったり、自分との共通点や違いを発見するきっかけになったりもするよなー。推し本会とてもよい文化。

そうこうしているうちに、天童駅に到着したのが10時18分。

 

f:id:tsubametobu:20170217000615j:plain:w400

 

ちなみに駅には待合室もあって、ガスストーブが設置されていました。良い…。

 

f:id:tsubametobu:20170217000649j:plain:w400

 

駅から出ると快晴。

 

f:id:tsubametobu:20170216232420j:plain:w400

 

溶け残った雪が結構あったかなー。

凍った路面に気をつけながら、駅から歩くことだいたい5分。

フルッティア(https://tabelog.com/yamagata/A0605/A060501/6003948/というお店に行きました。

 

f:id:tsubametobu:20170216233806j:plain:w250

 

私はいちごシェイク、友達は洋梨シェイク。おいしかった~。

時間に余裕があったらパフェを頼んでみたかった*1

 

カウンターでシェイクを飲んだ後、また歩いて天童駅へ。

当初は市営バスに乗る予定だったけど、間に合わなかったのでタクシーに。

天童荘ガーデンハウスまで1000円くらい(を、二人で折半)。ちなみに市営バスだったら200円。「篠田病院前」というバス停で降りることになる感じ。

天童荘ガーデンハウス前に到着したのはだいたい11時ぐらい。そこから徒歩2分くらいの足湯に行きました。

 

天の湯(http://bussan-tendo.gr.jp/db/?d=2804

 

f:id:tsubametobu:20170217000721j:plain:w250

 

無料です。温まる~。

冬場はヒートテックレギンス+靴下だと足湯を楽しむのが格段に楽になります。私はタイツで行ってしまったんだけど、友達がその装備でした。あ、頭良い…!

良い天気だし、足湯は気持ちいいし、このままだらだら喋りながら2時間とか居たい感じだったけど、お昼の予約をしておいたので移動。

 

天童荘ガーデンカフェに戻ります。

 

f:id:tsubametobu:20170217000503j:plain:w250

 

向かいには天童荘(http://www.tendoso.jp/home.htmlという旅館があります。ガーデンカフェは旅館直営のカフェ。

天童荘にも泊まってみたかったんだけど、JRツアーで組んでみると1泊2日で5万円を超える感じだったので断念。いつか泊まってみたいな~。

当初はここでお昼を食べるはずではなかったんだけど、旅行直前に予定変更して立ち寄ることに。

というのも、1月のランチメニューを見てしまったからです。

 

天童荘折々ブログ(http://tendoso.jp/weblog/2017/01/2_2.html

 

白鳥沢学園高校の主将、牛島若利くんの好きな食べ物はハヤシライス。

そして原作で描かれている通り、天童くんと若利くんはとても仲良しです。

し、白鳥沢だ?! と勝手に興奮してしまったため、旅行に組み込むことにしました。お付き合いいただいた友達には本当に感謝です。

 

ランチコースのサラダ。彩りがきれい。

 

f:id:tsubametobu:20170216233748j:plain:w400

 

あおさのりのスープ。滋味に富んだお味。滲みる~。

 

f:id:tsubametobu:20170217000438j:plain:w400

 

ハヤシライス。コクがあるのにあっさりしていておいしかった。

 

f:id:tsubametobu:20170216233757j:plain:w400

 

デザートの盛り合わせ。キャラメルのアイスクリームが好みでした。

 

f:id:tsubametobu:20170216233730j:plain:w400

 

そしてこれも念願。チョコレートパフェ!

 

f:id:tsubametobu:20170217000757j:plain:w250

 

天童くんの好きな食べ物はチョコのアイス。

下調べで2011年の時点ではチョコレートパフェを取り扱っていたことが確認できていて、今でもあるようなら絶対頼もうと思っていたのですごく嬉しかった。

お腹がいっぱいで私は注文できなかったけど、山形県の鋳物(鉄瓶)で出してくれる珈琲も気になった。あとショーケースの中のケーキもおいしそうだったな~。

天童荘ガーデンカフェ(https://tabelog.com/yamagata/A0605/A060501/6000136/、よき場所でした。

 

お昼の後、歩いて宿まで。

事前にお電話して、先に荷物を置かせていただくことにしていました。

「ほほえみの空湯舟つるや」(山形県天童温泉 ほほえみの空湯舟つるや《公式HP》というお宿。

 

門の写真。

 

f:id:tsubametobu:20170217000829j:plain:w400

 

鶴のマーク。かわいい。

 

f:id:tsubametobu:20170217000900j:plain:w400

 

ちなみに今回の旅行に同行してくれた友達は刀剣乱舞の鶴丸国永推し。

私は天童温泉、友達はつるや。推しの折衷です。楽しい。

大きい荷物をお預けしてから市営バスに乗って天童駅まで戻るつもりだったのですが、宿の方が送迎車で送ってくださることに…!(有難い)

お言葉に甘えて天童駅まで送っていただきました。

 

天童駅に戻り、バスが来るまで駅周辺を探索。

駅併設の天童駅ターミナルビル パルテ」(http://www.pref.yamagata.jp/rakuraku/detail_tendo_010.html内をふらふらしてみました。

 

学習支援室(学習支援室 | 天童市市民プラザ)。

 

f:id:tsubametobu:20170216232634j:plain:w400

 

天童市わらべ館(http://www.h3.dion.ne.jp/~warabeka/)。

 

f:id:tsubametobu:20170216232717j:plain:w250

 

天童市子育て未来館のポスター(http://www.shisetsu.jp/city.tendou/genkids/)。

 

f:id:tsubametobu:20170218210649j:plain:w300

 

天童市という名前もあって、子育て支援に力を入れているのかもしれないなーと思った。すごく良い施設だ~。

天童駅ターミナルビル パルテ」には物産コーナーもあって、ここも見てて楽しかった。天童市内にある個人店(多分)のお菓子とかたくさん取り扱いがあって、お土産選びに良いかも。

あとは「天の童」(出羽桜酒造(株) 出羽桜 大吟醸 天の童720ml)なる大吟醸がちょっと気になったんだけど、私自身がお酒をあまり飲めないので購入には至らず。

駅併設の施設として、他には将棋資料館と将棋交流室がありました。

将棋交流室、子どもたちが対局している姿から外から見えていいな~と思った。将棋の素養があれば資料館も楽しそう。

 

14時6分「天童バスターミナル」発、寒河江方面行きのバスに乗ります。

 

 ・市営バスHP

    山形県天童市/交通アクセス

 

バスの車体自体はかなり古めだった。興奮。

いざ乗り込むと、お腹も膨れて陽光もぽかぽかでバスに揺られながらウトウトしてました。快適だった…。

バスに乗って20分、「ゆぴあ」で降ります。

 

天童最上温泉 ゆぴあ(http://yupia.com/yupia/

 

なんとびっくり、300円で温泉に入れます。

とても良いところ! やや熱めだけど、露天だと比較的長く浸かっていられるかなあ。

 ちなみに当初は、

 (1)天童駅からゆぴあに直行(市営バス)

 (2)施設内でお昼

 (3)ゆぴあから宿へ移動(市営バス)

 (4)宿にチェックインし荷物を置く

 (5)天童荘ガーデンハウスでお茶+足湯

 の予定でした。

 このルートだと交通費が安く済みはするんだけど(天童駅→ゆぴあ→宿の移動に市営バスが使えるので)、(5)のお茶と足湯にあまり時間を割けない気もする。だから実際の動線で正解だったかも。

 

温泉から出た後、飲むヨーグルトを購入。

飲むヨーグルトと天童くん。

 

f:id:tsubametobu:20170216232607j:plain:w250

 

飲むヨーグルト、濃厚でおいしかったです。

ゆぴあから天童駅までの市営バスは終わってしまったので、電話でタクシーを呼びました。

天童駅までは、タクシーだとだいたい2000円くらい(を、二人で折半)。車が運転できない場合は、市営バスを利用するのが一番お得かも。

天童駅からは送迎の車で宿まで(荷物をお預けしたときに頼んでおいた)。

 

宿に着くと、ロビーでお茶とお菓子を出してくれました。有り難くいただいた後、お部屋に向かいます。

中庭があって、回廊に沿うようにお部屋が配置されています。

 

将棋盤、廊下にて。

 

 f:id:tsubametobu:20170216232441j:plain:w400

 

廊下には休憩スペースもたくさんあって、昼間に中庭を見ながらお喋りするのもよさそう。セルフサービスで珈琲も飲める。

 

お部屋は和モダンの趣き。洗面所もとても綺麗。お部屋にもお風呂がついていて、温泉が楽しめます。

ベッドもふかふかです。

 

f:id:tsubametobu:20170216232547j:plain:w250

 

お部屋に折り紙が置いてあったので、友達と一緒に鶴を折りました。数年ぶりだったのもあって途中から折り方がわからなくなった…。

友達に助けていただきながら、何とか一羽完成。天童くんの髪の色に合わせて赤い折り紙を使いました。

 

f:id:tsubametobu:20170216232526j:plain:w250

 

お夕飯は二階の「千羽鶴」という食事処に移動。

 

f:id:tsubametobu:20170216232503j:plain:w400

 

お夕飯の献立。

珍しい感じの料理の数々に「驚きじゃない…?」「いい驚き」「鶴丸み」などと会話をしながらのお夕飯でした。おいしかった~。

お部屋に戻って、ちょっと休憩した後にお風呂に行きました。

そして嬉しいことに、先客の方がお一人お帰りになってからはずっと貸し切り状態でした。

ゆぴあよりも若干ぬるめ。長く入っていられます。内湯と露天あり。ちなみに内湯は檜風呂です。

のんびり入っていたら若干のぼせたので、一度脱衣所に戻ってタオルを巻いて座りながら友達とおしゃべりをしました。

加齢に伴う変化だったり、経験を積み重ねていく中での体調についての発見だったり。おしゃべりの内容、総括すると「健康について」になるかも。ほんとずっと若くはいられないもんだよなあ。友達とは子どもの頃からお互いに知っているので*2、話しながらなおさらそう思った。

いい感じに身体も冷えたので、最後にもう一度露天へ。繰り返すようだけど、本当に良いお風呂だった~。

ウォーターサーバーの冷たいお水を飲んでからお部屋に戻りました。

化粧水と乳液をはたいて髪を乾かして、さあいざ推し本会 in 山形! の予定だったのですが、残念ながら私も友達もとても眠かった。

どちらからともなく推し本会は後日にしようという話になり、就寝の運びとなりました。ふかふかのベッド。温かいふとん。充実の1日。

 

4.旅行2日目

朝はだいたい7時くらいに起床。身支度を済ませて、7時半頃には朝食へ。場所は夕食と同じ「千羽鶴」。

バイキング形式の朝食、好きなものを少しずつ食べられるのでとても楽しい。おいしかった~。玉こんにゃくに辛子をきかせすぎて涙目になったり、だしと明太子を両方取ってきたらごはんが足りなくて予定外に2膳目を食べることになったりしました。食べ過ぎた。

荷物をまとめて、8時半過ぎくらいにチェックアウト。宿の送迎車で駅まで送っていただきました。

9時4分に天童駅発の電車に乗り(JR山形線)、山形駅へ。中高生がたくさん乗ってたなー。天童南駅近くに大きいイオンモールがあった。駅から徒歩圏内にイオンがあるって珍しい気がする、と友達と言っていたんだけど、今調べたら請願駅というものらしい。自治体とか近隣住民の要望で後からできた駅*3

このイオンモール天童市子育て未来館があるみたい。天童駅に貼ってあったポスターの場所。

天童駅から山形駅まではだいたい20分。

駅に下りて、ロッカーに大きい荷物を預けます。私は知らなかったけど、今ICカードで管理できるロッカーがあるんだね…。

山形駅西口から歩いて、霞城公園まで向かいます。

途中でかすみだんごや(https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6006206/というおだんごやさんに立ち寄りました。私はみそ大福、友達は草大福をお買い上げ。お腹がいっぱいだったので、後で食べることに。

 

 f:id:tsubametobu:20170216232329j:plain:w400

 

霞城公園、南門のお堀。凍っています。雪を丸めて投げたら氷の上を滑っていった。

南門からさらに歩いて、旧済生館本館(https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/kankokyaku/sub3/bunkazai/97270yamagatasikyoudokan.htmlへ。

 

f:id:tsubametobu:20170216234101j:plain:w400

 

明治11年9月に竣工した擬洋風の病院建築物で、国の重要文化財にも指定されているそうです。

前に『旅行が楽しくなる 日本遺産巡礼 東日本30選』を読んで存在を知って、天童旅行と組み合わせられたらな~と思っていた場所。念願叶った!

建築の素養は無いけど、珍しい建物を見るのは楽しい。建物は山形市郷土館としても使われています。

本当は旧済生館本館を見た後は山形駅近くでお昼の予定だったんだけど、朝ごはんをたくさん食べたこともあってもう少し遅くてもいいよね? という結論に。

ならば早めに蔵王に移動して、予定には無かったけど樹氷を見よう! ということになりました。

ということで、駅隣接のビルの無料展望台に寄り道しつつ(これも予定外*4)、山形駅東口のバスターミナルへ。

山形駅から蔵王温泉までのバスが出ています(http://www.yamakobus.co.jp/kousoku/yamagata-zao.html)。この時期の休日は観光客がたくさんいるので臨時便もあるみたい。

バスターミナルの窓口にて、バスの往復チケット(山形駅前⇔蔵王温泉バスターミナル)と、樹氷を見に行くためのロープウェーとのセットチケットを購入。

バスの往復チケット(2000円)+ロープウェーの往復チケット(2600円)=4600円が、500円引きの4100円で買えます。

山形駅から蔵王温泉まではだいたいバスで40分。

蔵王温泉に着いたら、ロープウェーの出発駅である蔵王山麓駅まで歩きます。

温泉地だということもあって、施設から排水される温泉水から硫黄の香りが。店先で玉こんにゃくを売っているお店もとても多い。よく晴れていることもあって、東北ということで覚悟していたよりも体感としては暖かい。

スノースポーツ目当てで来ているスキーウェア姿の観光客と、温泉と樹氷目当てで来ている普段着姿の観光客が入り混じっている感じ。でもどちらかというとスキーウェア姿の人たちの方が多いかも。

ロープウェーは蔵王山麓駅⇔樹氷高原駅⇔地蔵山頂駅の3駅。

蔵王山麓駅⇔樹氷高原駅間は15分に1本間隔で運行しています。

人が多かったので、私たちは乗るまでに1本見送りました。

樹氷が見られるのは樹氷高原駅⇔地蔵山頂駅間です。

 

f:id:tsubametobu:20170216234038j:plain:w400

 

樹氷高原駅⇔地蔵山頂駅間の模様。今年は、というか、行ったタイミングがちょうど暖かかったというのもあって、やや枝が見えてしまっているかな~という感じ。

でもいかにも冬! って感じの光景で楽しい。

 

f:id:tsubametobu:20170216234016j:plain:w250

 

地蔵山頂駅で降りたところ。ちなみに行った日の山頂の気温はマイナス11度。

ロープウェーから降りてすぐの段階では「あれ? 覚悟してたよりかは寒くない??」と思ったものの、この写真を撮っている頃にはもはや阿鼻叫喚。吹きつける風があまりにも寒い。寒いぞ!

寒さにテンションがおかしくなりながら、山頂付近をカメラに収めた後、地蔵山頂駅屋上の展望台へ。

 

f:id:tsubametobu:20170216233920j:plain:w400

 

展望台は吹きさらしです。とても寒い。しかし絶景。

 

f:id:tsubametobu:20170216233856j:plain:w250

 

展望台にて天童くん。ユニフォームだけじゃ寒いよね…ごめんね…。

 

身体が芯まで冷え切ったので、お昼には温かいものを食べよう、そして早く温泉に浸かろう、ということで下山。ロープウェーに乗り込みます。ぎゅうぎゅうの上りと違って、下りのロープウェーは貸し切り状態。

麓を出発してからちょうど1時間くらいでまた戻ってきました。

 

f:id:tsubametobu:20170216233815j:plain:w400

 

お昼は煮込みハンバーグ。満腹。ぷうたろう(https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6000152/というお店。

行けなかったけど音茶屋(https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6004356/というお店も気になりました。焼きカレーが食べられるみたいです。

お昼の後、歩いて温泉へ。

 

山形蔵王温泉「湯の花茶屋 新左衛門の湯」(http://zaospa.co.jp/

 

入館料は700円。そしてプラス300円でバスタオルも借りられます(入館料+800円払って、バスタオルを返却すると500円返ってくる)。

山形駅のロッカーに大きい荷物は預けてしまっていたので、私も友達もバスタオルを借りることにしました。

施設自体が新しくてきれい! 温泉もぬるめで、個人的には一番ちょうどいい温度だったかも。ちなみに全国でも2番目に酸の強い温泉だそうです。

露天風呂のかめ風呂がすごく好きだったな~。源泉100%をひとり占めできるタイプのお風呂。

 

温泉から出た後、午前中に購入しておいた大福をいただきました。柔らかくて、甘さもちょうどよくておいしかった~。私が購入したみそ大福は、みそを練りこんだおもちに、白あんと胡桃が包んである感じ。甘じょっぱくておいしかった。また食べたい。

友達が買った草大福もおいしかったみたい。大福を食べながらつぶあんとこしあん、きのこの山たけのこの里の話になった記憶が。私はこしあん派でたけのこの里派、友達はつぶあん派できのこの山派。ちなみにみそ大福はこしあん、草大福はつぶあんでした。

施設内でチョコレートのソフトクリームも売っていたんだけど、大福を食べて満足してしまったので購入には至らず。

しばらく休憩してからバスタオルを返却。その後はお土産処で職場に持っていくためのお菓子を買いました。買ったのは厚切りのりんごのドライフルーツ。

 

蔵王温泉バスターミナルまで歩いて(途中で玉こんにゃくを買い食い。おいしかった)、山形駅行きのバスに乗ったのが16時20分頃。山形駅には17時過ぎに到着。

帰りの新幹線は19時18分山形駅発。新幹線に乗る前に早めの夜ごはんを食べてお土産を選ぶために、「山形まるごと館 紅の蔵」(http://www.beninokura.com/まで。

駅からはだいたい徒歩12分くらい。でも、駅から100円のコミュニティバスも出てるみたい。

そば処「紅山水」(https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6005112/というお店と、Cafe&Dining「990」(https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6005836/というお店が入っています。どちらかのお店で夜ごはんを食べた後にお土産を買えたらな~と思っていました。

しかしいざ到着してみたら、なんと紅の蔵自体が臨時休業…。

ということで、近くの月カフェ(https://www.facebook.com/tsukicoffee.tsukicafe/photos/pcb.753038638177410/753038454844095/?type=3&theaterというお店に滑り込みました。

外観がとてもお洒落で、お店の近くを通り過ぎながら「三日月宗近(刀剣乱舞)みを感じるね」「時間に余裕があったらお茶とかしたかった」と言っていたところだったのでフラグを回収できた感あります。

 

f:id:tsubametobu:20170216233714j:plain:w400

 

お昼が遅くてあまりお腹も減っていなかったので夜ごはんは軽く。豚肉と根菜のマリネのサンドイッチ。

食べ終えるとほぼ閉店時間だったので、駅まで歩いて戻りました。

駅構内と駅ビル「エスパル」の地下でお土産を買うことができます。

私と友達は駅構内のお土産店舗で購入。私は職場に配る用のお菓子、家には干し柿さくらんぼジュース(100%)を買い足しました。

天童市の名産はさくらんぼと将棋の駒。購入したさくらんぼジュースは、オーチャードタケダという天童市の会社の商品です。

新幹線の時間まで、エスパルを探索したり待合室でぼんやりしたり。

新幹線に乗り込んでから東京までの時間は、友達に会社での人間関係の相談に乗っていただきました。3時間ほんとにあっという間だった~。

 

 5.まとめ

念願の山形旅行、すんごい充実してたしとても楽しかった~!

特に天童温泉、本当に良いところでした。

天童温泉にはあと2つ足湯があるので*5、余裕があればそっちにも行ってみたかったかな~。

あとやっぱり車が出せた方が便利は便利。

でも下調べをしておけば電車やバスも活用できるからほぼストレス無く移動できる。ただ、やっぱり本数が限られてるからなかなか行き当たりばったりは厳しいかも。

冬でなければ山寺を観光したり、果物狩りをしたりするのも楽しそうです。

とにかくとても楽しい1泊2日でした。山形旅行、めちゃくちゃおすすめです。

 

 

旅行が楽しくなる 日本遺産巡礼 東日本30選

旅行が楽しくなる 日本遺産巡礼 東日本30選

 

*1:フルッティアのメニュー(http://fruttier.com/fruitbar/)参照

*2:私と友達は小学校1年生からの付き合いで、小・中と同じ学校。高校と大学は別だったんだけど、社会人になって私が遅咲きでオタク趣味に目覚めて以降、よく二人で遊ぶようになった感じ。オタク趣味が縁で仲良くなれたと言っても過言ではありません。ありがとう弱虫ペダル

*3:天童南駅(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A4%A9%E7%AB%A5

*4:霞城セントラル(http://kajocentral.com/)というビルの24階が展望台です。

*5:童の湯(http://bussan-tendo.gr.jp/db/?d=2803)と駒の湯(http://bussan-tendo.gr.jp/db/?d=2805